翻訳会社の雑学辞書トピック【空耳】

翻訳会社ナイウェイのスタッフによる「翻訳会社の雑学辞書トピック」

語感のこと

そら みみ【空耳】
実際にはない音や声が聞こえたように思うこと。
英語mishearing / 中国語听错, 幻听(簡体字); 聽錯, 幻聽(繁体字) / フィンランド語väärin kuultu

参照元:weblio辞書 三省堂 大辞林goo国語辞書 大辞泉

言葉がなぜその発音をもつかは、本当のところ偶然だと思います。
それでも異なる言語間で、同じ音の言葉が異なった意味として聞こえるのは興味深いです。

What time is it now?(今は何時ですか?)→
「掘った芋いじるな」が有名でしょう。
空耳アワーです。

ところで以前から気になっていたのは、中国の方の口癖に「どうしよう」が多いことです。

翻訳会社の雑学辞書トピック:空耳

それはおそらく、中国語
多少(duō・shao ドゥオシャオ):How many
が日常的に頻繁に使われる単語であることから、中国語話者にとって馴染みのある舌触りであり、日本語を喋るときに自然と出てきてしまうのではないかと思っています。

同僚の翻訳コーディネーターの中国人女性にそのことを尋ねてみたところ、そんなことはないと否定されました。
僕は一理あると思っています。

2019.02.08

トピックTOPへ戻る

翻訳会社NAIway(ナイウェイ)の雑学辞書トピック【空耳】のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayスタッフによる翻訳に関する様々な話題をお届けします。


お気軽にお問合せください
 045-290-7205


営業時間
 平日9:30 - 18:30


最短60分でお見積をお出しします

  お見積り・お問合せ


高品質な翻訳とは:NAIwayにあって他の翻訳会社にないもの 品質にこだわり評価の高いNAIwayの多言語翻訳 NAIwayの翻訳料金と相場について