スペイン語翻訳

翻訳会社ナイウェイのスペイン語翻訳について、スペイン語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayのスペイン語翻訳

NAIwayのスペイン語翻訳

世界20カ国以上の国と地域で公用語とされるスペイン語は、翻訳のニーズも多岐にわたります。観光用のパンフレットやガイドブック、Webサイト等は、英語、中国語、韓国語とあわせて翻訳されることが多いです。その他にも、スペイン語圏である中南米地域には日本企業が数多く進出していることから、契約書類、社内資料や報告書、マニュアル、製品仕様書、SDS等の依頼があります。

NAIway翻訳サービスでは、様々なビジネス文書から機械、IT、法律、医療、観光、映像、スポーツなど、各専門分野に精通した実務経験豊富なネイティブが、お客様のニーズに合わせた高品質な翻訳をご提供します。
また、スペインで話されているスペイン語と中南米地域で話されるスペイン語には違いがありますので、使用地域や目的に合わせ、ご要望に沿ったスペイン語に翻訳いたします。

NAIwayでは、日本語からスペイン語(日西翻訳)、スペイン語から日本語(西日翻訳)への翻訳はもちろん、多言語翻訳に対応しています。スペイン語、英語、中国語など、複数言語への翻訳が必要な場合はお気軽にお問合せください。言語ごとに異なる翻訳会社に依頼する手間が省け、翻訳レベルに差が出ることもありません。

お気軽にお問合せください

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayは、翻訳の「品質管理」は翻訳会社として最も重要な任務であると考え、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築し、徹底した品質管理に努めています。
高品質の日西・西日翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳を完了した後に、さらに別の翻訳者による品質チェックを行います。一字一句を入念にチェックし、文章の流れや言葉の統一、専門用語の使い方、文章表現などを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

Topへ

スペイン語翻訳料金

日本語→スペイン語への翻訳
日本語からスペイン語への翻訳
原文1文字あたり25円から
スペイン語→日本語への翻訳
スペイン語から日本語への翻訳
原文ワードあたり30円から
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問合せください

Topへ

スペイン語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

スペイン語翻訳者
イニシャル:E.S.
出身日本
翻訳言語スペイン語→日本語、日本語→スペイン語
得意分野教育・環境・金融・法律・医療・食品・バイオ・政治・経済・ビジネスレター
略歴1997年からフリーのスペイン語翻訳者として活動。2009年からはスペイン語翻訳講座の講師。
翻訳者からのコメントこれまで様々な分野の案件を担当してきました。翻訳は原文に忠実にをモットーに行っております。どんな分野でも対応いたします。
スペイン語翻訳者
イニシャル:K.L.
出身スペイン
翻訳言語日本語→スペイン語、スペイン語→日本語、英語→スペイン語、スペイン語→英語
得意分野機械・自動車・観光・生活・ビジネス・メニュー
略歴イギリスで英語を学び、大阪で日本語を学ぶ。1991年よりフリーの翻訳者として活躍。
翻訳者からのコメント原文に忠実に、自然な翻訳を心がけています。一日に3000ワード程までなら翻訳可能です。

Topへ

スペイン語とは

スペイン語はインド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属し、フランス語、イタリア語、ポルトガル語等とともにラテン語から派生した言語です。その後、アラビア語等の影響を受けながら形成されました。

スペインおよび、ブラジルを除くラテンアメリカ地域における主要言語で、約4億2000万人の話者がいます。英語、フランス語、アラビア語に次いで多い20カ国以上の国と地域で公用語とされ、国際連合においても6つの公用語の1つとされています。
インターネットにおいては、英語と中国語に次ぐ使用ユーザーの多い言語でもあります。

また、日本には日系人を中心にラテンアメリカからの労働者が大勢来ていますが、日本語のできる人は少なく、当然スペイン語を話します。日本国内でもスペイン語話者はかなりいるのです。

スペイン語翻訳とは

<言語系統>インド・ヨーロッパ語族 イタリック語派
<使用地域>スペイン、メキシコ・コスタリカ・グアテマラ・エルサルバドル・パナマ・ホンジュラス・ニカラグア、キューバ・ドミニカ共和国、コロンビア・ベネズエラ・エクアドル・ペルー・ボリビア・アルゼンチン・チリ・ウルグアイ・パラグアイ、赤道ギニア共和国など

スペイン語の文字

「ラテン文字」を使用しています。
英語と同じ26文字のアルファベットに加え、nの上にチルダ(~)という記号を付けたエニェ(Ñ, ñ)が使われます。

スペイン語の「こんにちは」

スペイン語の「こんにちは」はBuenas tardes

スペイン語の文法

名詞には男性名詞と女性名詞があり、-oで終われば男性、-aで終われば女性という原則があるため比較的判別は容易です。複数形には(e)sをつけます。冠詞は性・数によって区別されますが (男性単数el、女性単数la、男性複数los、女性複数las)、付加する名詞が男性名詞か女性名詞かが分からない場合は、性別があいまいな名詞に付加する中性の形態(lo)も存在します。形容詞も、修飾する名詞の性や数によって変化します。

動詞は基本的に、-ar/-er/-irの3種類の語尾に分かれます。さらに、それらは主語、yo (一人称「私」)、tu (二人称「君」)、el (三人称「彼」) の変化によって語尾が活用します。また、過去や過去完了のような時制によっても動詞の形は変化しますので、動詞の活用を覚えるのはたいへんです。

基本的な語順は「主語」+「動詞」+「目的語」(SVO) ですが、主語は省かれることが多く、目的語が動詞の前に来たりと語順に縛られることはありません。主語がなくても動詞が主語や時制によって語尾活用しますので、動詞だけ見れば誰の行動なのかはわかるのです。語順が固定される英語やフランス語に比べると、スペイン語は語順を並び変えても意味が通じやすいという特徴があります。

スペイン語の発音と表記

スペイン語の母音は日本語とほぼ同じ a, e, i, o, u の5つで、日本人には発音しやすく聞き取りやすい言語と言えます。特徴としては、フランス語と同様にhは発音しません。その代わりというわけではありませんが、gやjがhの発音になります。Japón (日本) の発音は「ハポン」です。
母音、n、sで終わる単語は後ろから2番目の音節、それ以外は最終音節にアクセントがあり、この法則に従わない場合はアクセント記号が入ります。例:Adiós (アディオス)、televisión (テレビシオン)
また、スペイン語では「ニャ」「ニ」「ニュ」「ニェ」「ニョ」という発音をする単語には、nの上にチルダ (~) という記号を付けたエニェ (Ñ, ñ) を使います。
疑問文は、文頭にさかさまの?(¿)をつけて、?と挟みます。 例:¿De dónde eres tú?(出身はどちらですか?)

スペイン語翻訳×動画

NAIway翻訳サービスの別事業であるNAIバイリンガルサポートでは、翻訳と動画制作をセットにした「外国語動画制作サービス」をご提供しています。スペイン人をターゲットとした商品やサービスの紹介、施設やイベント情報など、スペイン語のナレーション/字幕付きの動画を制作いたします。店頭モニターやデジタルサイネージ、SNS等で動画を流して集客にお役立てください。

スペイン語や英語以外の言語にも幅広く対応していますので、お気軽にお問合せください。「外国語動画制作サービス」の詳細はこちら

NAIway(ナイウェイ)のスペイン語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。