イタリア語翻訳

翻訳会社ナイウェイのイタリア語翻訳について、イタリア語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayのイタリア語翻訳

NAIwayのイタリア語翻訳

イタリアはパスタ、トマト、オリーブなどに代表されるように、ヨーロッパでも有数の農業国ですが、車やバイクなどを筆頭に工業製品も有名です。また、芸術と職人の国でもあり、ファッションや宝飾品、家具なども歴史があります。ミラノなどで開催される国際見本市や展示会は世界中から注目され、日本企業も多く参加しています。

イタリア語の翻訳は、食品関連の翻訳、各種工業製品のカタログやマニュアル、展示会でのパネルやパンフレット、Webサイトなどのニーズがあります。また、イタリアのブランドやショップとのビジネスメールや契約書類、漫画・アニメ関連の翻訳、調査票などの翻訳もあります。

NAIway翻訳サービスでは、各種ビジネス文書から、法律、機械、産業、IT、観光、食品、ファッション、スポーツなど、各専門分野に精通した経験豊富なネイティブ翻訳者が、お客様のニーズに合わせた高品質なイタリア語翻訳をご提供します。

また、NAIwayでは日本語からイタリア語(日伊翻訳)、イタリア語から日本語(伊日翻訳)への翻訳はもちろん、多言語の翻訳に対応いたします。イタリア語、英語、中国語など、複数言語への翻訳が必要な場合はお気軽にお問合せください。

お気軽にお問合せください

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayは、翻訳の「品質管理」は翻訳会社として最も重要な任務であると考え、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築して、徹底した品質管理を行っています。
高品質の日伊・伊日翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳を完了した後に、さらに別の翻訳者による品質チェックを行います。一字一句を入念にチェックし、文章の流れや言葉の統一、専門用語の使い方、文章表現などを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

Topへ

イタリア語翻訳料金

日本語→イタリア語への翻訳
日本語からイタリア語への翻訳
原文1文字あたり25円から
イタリア語→日本語への翻訳
イタリア語から日本語への翻訳
原文ワードあたり28円から
  • 他の言語も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問合せください

Topへ

イタリア語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

イタリア語翻訳者
イニシャル:K.M..
出身イタリア
翻訳言語日本語→イタリア語、英語→イタリア語
得意分野ゲーム・アニメ市場調査・電気・機械IT文化日本の観光
略歴ナポリと東京の学校で日本語を学ぶ。2008年より翻訳会社に勤務し、ゲームマニュアルの翻訳を担当。
翻訳者からのコメントゲームマニュアルの翻訳からスタートし、市場調査の翻訳も得意分野としています。
イタリア語翻訳者
イニシャル:T.K.
出身日本
翻訳言語日本語→イタリア語、イタリア語→日本語、日本語→英語
得意分野ビジネス文学金融法律・食品・バイオ・機械・電気
略歴Webサイト(ホームページ)翻訳ビジネスレター・公文書などの翻訳経験あり。
翻訳者からのコメントイタリア語ネイティブの方と作業しておりますので、細かいニュアンスや文章構成などを確認してもらいながら作業できています。伊日・日伊のどちらも対応いたします。

Topへ

イタリア語とは

イタリア語はイタリア共和国、サンマリノ共和国で公用語とされる他、バチカン市国でも一般的に使用されています。

インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属し、スペイン語、ポルトガル語、フランス語など同じく俗ラテン語を始祖に持つ言語 (ロマンス諸語) です。

イタリア語は他のロマンス諸語と比べて、言語が成立した13世紀から、あまり形を変えることなく使用されており、現代でもラテン語の影響を強く残している言語です。

イタリア語翻訳とは

<言語系統>インド・ヨーロッパ語族 イタリック語派 ロマンス諸語
<使用地域>イタリア、サンマリノ、スイス、バチカンなど

イタリア語の文字

「ラテン文字」を使用しています。

イタリア語の「こんにちは」

イタリア語の「こんにちは」はBuon giorno

イタリア語の歴史

古代のイタリア半島には、インド・ヨーロッパ語族に属さない独自のエトルリア語を話すエトルリア人など、複数の先住民族が存在し、それぞれ異なる言語を用いていました。その後、ラテン人の国家であるローマの支配により、彼らの言葉であるラテン語が公用語として話されるようになりました。

イタリア・ルネサンス期には、文化人の間でイタリア人共通の言語を形成しようとする運動が活発となります。そして、イタリア語の誕生に大きく貢献したのは、『神曲』でお馴染みのダンテ・アリギエーラです。1321年、ダンテは『神曲』をラテン語ではなく、トスカーナで使われていたフィレンツェ方言を元にしたイタリア語で記し、この事績により、イタリア語が国際的に認識されるようになったのです。
その後、イタリア語の標準語作りはイタリア中を巻き込む一大論争へと発展します。最終的には、イタリア中部に位置し文化と芸術が華開くルネサンスの一大拠点であった、フィレンツェを中心とするトスカーナ地方で話されていた方言をベースにして、標準イタリア語が作られました。

1861年にイタリア王国が成立すると、現在のイタリア語である標準イタリア語が定められました。当時は、一般の人のほとんどは標準イタリア語での読み書きができませんでしたが、国家政策として方言の廃止と標準語の浸透を進め、学校や軍隊での教育、新聞などのメディアにより、イタリア語が広まり定着していったのです。

イタリア語の方言

イタリアには数多くの方言があり、大きくは北部方言・中南部方言に分けられます。主なものとして、北部のガロ・イタリア語、中部のトスカーナ方言、南部のナポリ語、シチリア語、コルシカ語などがあります。
イタリア人は標準イタリア語も話しますが、普段はその地方の言葉を使い生活しています。

イタリア語のワンポイント

イタリア語の名詞は、語尾が"o"で終われば男性名詞、"a"で終われば女性名詞です。"e"で終わる場合はどちらもあり得るので注意が必要です。

イタリア語の発音は、基本的にはローマ字読みをすればよいので、日本人には発音しやすい言語です。フランス語と同じように、"H"はイタリア語では発音しません。ですので、自動車メーカーのHONDAはオンダと呼ばれています。また、"C"は後ろの子音によって、Ca (カ)、Ci (チ)、Cu (ク)、Ce (チェ)、Co (コ)と発音します。Chiは「キ」、Cheは「ケ」と発音するため、千代田区はキヨダ区と読まれてしまいます。

日本におけるイタリア語

イタリア語から日本語に取り入れられた単語は、音楽用語や料理名に多く見られます。
〔例〕テンポ、コンチェルト、ソナタ、クレッシェンド、スタッカート、ソプラノ、カルテット、トリオ、ソロ、オペラ、ドルチェ、ゼロ、パパラッチ、マフィア、モットー、ビエンナーレ、グランデ、ジェラート、パスタなど

NAIway(ナイウェイ)のイタリア語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。