フランス語翻訳

翻訳会社ナイウェイの日仏・仏日翻訳について、フランス語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayのフランス語翻訳

NAIwayのフランス語翻訳

ジャパンカルチャーが世界に浸透して、フランスでも漫画やアニメ人気が根付いています。大規模なJapan Expoが毎年開催され、何十万人ものフランス人が日本の文化を楽しんでいます。また、フランス人は繊細な仕事を施す和食や、細やかで正確な日本の職人技術にも深い興味をもっています。日本文化への興味が高いフランス市場へ向け、日本のモノやサービスの翻訳ニーズは増えています。

そんな中、文書や書類のための翻訳だけではなく、翻訳に求められるものは多様化しています。ゲームやアニメ、漫画など、エンターテインメント分野の翻訳やローカライズには独特の表現とトレンドが求められます。また、日本独自の商品やサービスをアピールするためには、翻訳によるコピーライティングはイメージ戦略の大きなポイントとなります。NAIway翻訳サービスでは、日本文化に詳しく各専門分野に特化したネイティブと両言語に精通した校正者とで、ニーズに合わせた高品質な翻訳を提供いたします。

またインバウンドに関しても、フランスからの訪日観光客は毎年安定して増え続けており、フランス人観光客をターゲットとしたインバウンド対策も重視されています。フランス人観光客は日本の歴史と伝統、文化や芸術にも非常に興味を持って来日します。リピーターになる人も多く、日本文化を積極的に経験しようとする傾向が見られます。インバウンド対策にもNAIwayの良質な翻訳をお役立てください。ガイドブック・パンフレットやホームページ・SNSで、旅館の紹介やイベントの情報、各地方の名産品の紹介など、フランス人訪日観光客へアピールするお手伝いをいたします。

NAIwayでは、日本語からフランス語(日仏翻訳)、フランス語から日本語(仏日翻訳)への翻訳はもちろん、多言語翻訳に対応していますので、英語、中国語等他の言語への同時翻訳も一度にご依頼いただけます。言語ごとに異なる会社に依頼するよりも品質レベルが統一され、対応も一度で済むため手間も時間もかかりません。

お気軽にお問合せください

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayでは、翻訳会社として翻訳の「品質管理」は最も重要な任務であると考え、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築し、徹底した品質管理に努めています。
高品質の日仏・仏日翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳を完了した後に、さらに別の翻訳者による品質チェックを行います。一字一句を入念にチェックし、文章の流れや言葉の統一、専門用語の使い方、文章表現などを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

Topへ

フランス語翻訳料金

日本語→フランス語への翻訳
日本語からフランス語への翻訳
原文1文字あたり27.5円から
フランス語→日本語への翻訳
フランス語から日本語への翻訳
原文1ワードあたり30円から
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問合せください

Topへ

フランス語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

フランス語翻訳者
イニシャル:P.T
出身フランス
翻訳言語日本語→フランス語、フランス語→日本語、英語→フランス語、フランス語→英語
得意分野技術・機械・医学・バイオ・生物学・メニュー・マーケティングレポート・文学・教育
略歴母国フランスで日本語を学び、その後一年間は日本に留学。2002年からは語学学校でフランス語講師を勤め、2005年からフリーの翻訳者。日本語能力検定1級取得。
翻訳者からのコメント機械・医学分野からメニュー・文学分野まで広く翻訳経験がございます。納品後の確認につきましても、誠実に対応いたします。
フランス語翻訳者
イニシャル:Y.S
出身日本
翻訳言語フランス語→日本語、日本語→フランス語、英語→日本語
得意分野食品産業・国際援助関連・環境・美容・言語学・電気
略歴上智大学フランス語学科卒業後、渡仏しフランス語を学ぶ。料理・パンフレット・IT関連の翻訳経験多数。
翻訳者からのコメントフランスに憧れてフランス語学科に行き、フランスへ留学もしました。私は翻訳後には必ず3回は見直しをするようにしています。誤訳・訳抜けが無いように細心の注意を払っています。

Topへ

フランス語とは

フランス語は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語です。イタリア語やスペイン語、ポルトガル語も同じ語派に属する言語です。

フランス語は世界で英語に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランスの他に、スイス、ベルギー、カナダや、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっています。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれています。
各国で方言があり、スイス方言・カナダ方言・西アフリカ方言・マダガスカル方言など様々です。

日本でもカタカナになって定着したフランス語が数多く使われています。「オートクチュール」「ルージュ」「オードトワレ」などファッション関係の言葉や、「オードブル」「エクレア」「カフェオレ」など、料理関係の言葉に多いです。また、メートルやリットルなどの単位もフランスから来た言葉です。

フランス語翻訳とは

<言語系統>インド・ヨーロッパ語族 イタリック語派
<使用地域>フランス・モナコ公国・ベルギー・スイス・ルクセンブルグ・カナダ・ハイチ・カメルーン・ガボン・ギニア・コートジボワール・ルワンダ・中央アフリカ・コンゴ共和国・コンゴ民主共和国・セネガル・セーシェル・チャド・トーゴ・ニジェール・ブルキナファソ・マダガスカル・モーリシャス・バヌアツ・ニューカレドニアなど

フランス語の文字

「ラテン文字」を使用しています。アルファベット26文字にアクセント記号(アクサン記号(´, `, ^)・トレマ(¨)・セディーユ(ç))や合字(Æ,Œ)を使用して表記します

フランス語の「こんにちは」

フランス語の「こんにちは」はBonjour

フランス語の歴史

フランス語は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派の中で、イタリア語やスペイン語とともにロマンス諸語に属する言語です。ロマンス諸語は、地中海全域に勢力を誇ったローマ帝国の言葉であったラテン語を基にして、それぞれの地域で土着の言葉や周辺地域の言葉の影響などを受けながら独自の変化をとげて形成された言語の総称です。
フランス語は、その古代ローマ人によってもたらされたラテン語をもとに、もともとその地にいたケルト族のケルト語が混ざり、さらに、フランスの国名にもなったフランク族の侵入により、ゲルマン語の影響を受けて形成されました。
元来、数多くの方言を含んでいましたが、13世紀以降、そのうちの一つ、パリを中心とするフランス北部の方言が、国王権力の伸長を背景にフランス全土の公用語、国語としての地位を獲得していきました。
その後17世紀には、フランス語を規則的で誰にでも理解可能な言語に統一することを目的として、アカデミーフランセーズが設立され、辞書と文法書の編纂等を行い、現在のフランス語が確立されていきました。アカデミーフランセーズは、現在も国家の機関としてフランス語の規範を定める役割を担っています。

フランス語の特徴

フランス語の文法の基本的な語順は、英語と同じで<主語-動詞-目的語>です。ただし、名詞に男性名詞と女性名詞があります。すべての名詞に性があります。例えば、太陽 (le soleil)、空 (le ciel) は男性名詞 (leが定冠詞)、月 (la lune)、大地 (la terre) は女性名 (laが定冠詞)です。性に合わせて、冠詞や形容詞が変化します。動詞は主語の人称と単数複数によって語尾が変化するので、現在形だけでも六つの形があることになります。それも語尾が結局同じ形だったり、実際の発音は同じだったりと少しややこしいかもしれません。

フランス語の発音は、rの音、鼻母音、リエゾンなどに特徴があります。母音は16個もあり、日本人にとっては発音しにくい音もあります。 また、異なる綴りでも同じ発音を示すため同音異字語が多く、発音を聞いて書き分けるのはネイティブでも難しい場合があるようです。

フランス語と英語の関係

英語にはフランス語と多くの共通点が見られます。これは、地理的に英仏海峡を隔ててお隣同士のイギリスとフランスには歴史的にも密接な関係にあったこと、また、フランス語の祖先であるラテン語が、ヨーロッパにおいては長い間使用されていたという背景によります。 1066年の『ノルマンの征服』と呼ばれる事件で、フランスのノルマンディー地方の貴族がイングランドを征服し、以後300年以上にわたってフランス語がイギリスの公用語として用いられる時代があったのです。

この間に、英語は様々な面においてフランス語から大きな影響を受けました。おまけに、フランス語の元となったラテン語からの借用もあるため、現代英語の語彙の半数以上がフランス語またはラテン語に由来するものとなっています。基本的な単語はあまり借用されることはないのですが、抽象的な意味を表す単語ほどフランス語やラテン語に由来する単語が多いです。英語とフランス語で少しだけ綴り字が違っている単語 (futur, classe、adresseなど) や、綴り字が全く同じ単語 (table, possible, constructionなど) も少なくありません。

日本語になったフランス語

日本に定着しているフランス語は数多くあります。料理に関する言葉、お菓子に関する言葉は多いです。それから、化粧品やファッションに関する言葉もたくさんあります。

・料理関係:ポトフ、フォンドボー、オードブル、など
・製菓関係:エクレア、クロワッサン、ムース、ガトーショコラなど
・美容関係:ルージュ、オードトワレ、ソバージュなど
・ファッション関係:プレタポルテ、オートクチュール、キュロットなど

「プチ情報」とか「プチ整形」などと使われている「プチ」はフランス語で「小さい、ちょっとした」という意味ですね。
他にも、アンケート、カモフラージュ、クーデター、デジャヴ、デビュー、ニュアンス、モンタージュなども。
実は、メートルやリットルなどの単位もフランスから来た言葉です。

フランス語翻訳×動画

NAIway翻訳サービスの別事業であるNAIバイリンガルサポートでは、翻訳と動画制作をセットにした「外国語動画制作サービス」をご提供しています。フランス人をターゲットとした商品やサービスの紹介、施設やイベント情報など、フランス語のナレーション/字幕付きの動画を制作いたします。Japan Expoのようなイベント会場や、Webサイト、SNSで動画を流して集客にお役立てください。

フランス語や英語以外の言語にも対応していますので、お気軽にお問合せください。「外国語動画制作サービス」の詳細はこちら

NAIway(ナイウェイ)のフランス語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。