英語翻訳

翻訳会社ナイウェイの英語翻訳について、英語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayの英語翻訳

NAIwayの英語翻訳

英語は世界各国で使われているポピュラーな言葉だから、機械翻訳とか使って比較的簡単に翻訳できると思っていませんか。しかし、英訳や和訳ができるから「翻訳」ができるかというと、そういう訳でもありません。

翻訳とは、ただ単語や一文ごとに言語を変換する作業ではありません。原文を正しく理解し、別の言語でも同じ意味になるように表現することです。原文を正しく理解するためには、専門的な知識はもちろん、その国の文化、社会、歴史、現在のトレンド等、様々なことを理解している必要があります。
また、翻訳物の性質や目的に合わせて自然な文章表現を行うためにはセンスも必要です。翻訳するのはビジネス文書なのか、自然派化粧品のWebサイトなのか、機械技術系のマニュアルなのかによって、その文章表現は大きく異なり、翻訳者の腕の見せ所となります。

NAIwayでは、ビジネス・観光・機械・IT・法律・金融・医療・科学・出版など様々な専門分野において、このような翻訳作業を熟知した経験豊富なネイティブの翻訳者が、日英・英日翻訳や校正を行います。さらに、独自の品質管理システム(QAS)を設け、レベルの高い翻訳を提供しております。

また、ビジネス文書において、翻訳は社内で行うのでネイティブに英文法、英語表現のみをチェックをしてほしいという場合は、「英語上級者向けビジネス文書チェックサービス」をご利用ください。

NAIwayは多言語の翻訳を承ります。英語と共に他の言語の翻訳も同時にご依頼いただければ、あちこちに手配する手間が省けます。実際に、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語等をセットでご依頼いただくケースは多いです。

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayでは、翻訳会社として翻訳の「品質管理」は最も重要な任務であると考え、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築し、徹底した品質管理に努めています。
高品質の日英・英日翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳を完了した後に、さらに別の翻訳者による品質チェックを行います。一字一句を入念にチェックし、文章の流れや言葉の統一、専門用語の使い方、文章表現などを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

Topへ

日英・英日翻訳のポイント

日本語は基本的に主語が省略されます。「今から行きます」という文章だけでは、今から誰が行くのか、男性なのか女性なのか、一人なのか数人で行くのか、まるで分かりません。しかし、この文章を英語にする場合は、必ず主語が必要です。
日本語から英語にするためには、前後の文章や状況から主語が何であるのかを判断して、主語を補って翻訳する必要があります。また、日本語には単数系と複数形の違いがほとんどなく、文章だけでは複数か単数かを見極めるのは難しい場合があります。そして、名詞に冠詞も付きません。日英翻訳は、そういった日本語では意識しない要素にも配慮しなければなりません。

逆に、英語を日本語に訳したときには、すべての文頭に主語が入っていたら小学生の作文のように感じてしまいますし、手袋が単数だろうが複数だろうが大きな問題ではないかもしれません。
このように、両言語の文法的な違いを考慮し、過不足なく自然な文章を組み立てる作業は自動翻訳では対応できない部分です。翻訳のプロに任せることをお勧めします。

Topへ

英語翻訳料金

日本語→英語への翻訳
日本語から英語への翻訳
原文1文字あたり19.5円から
英語→日本語への翻訳
英語から日本語への翻訳
原文1ワードあたり21.5円から
  • 他の言語も承っておりますのでお気軽にお問合せください。
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

Topへ

英語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

英語翻訳者
イニシャル:P.P.
出身インド
翻訳言語日本語→英語
得意分野仕様書、設計書、契約書ビジネス 他
略歴D大学 理学部卒業。様々な日本企業にて翻訳および通訳に従事。
実績10年以上数々の企業にて仕様書、設計書、契約書、メールなどを翻訳。会議にてお客様相手の通訳も行う。現在は翻訳も対応するが、主に翻訳後の品質管理を行う。
英語翻訳者
イニシャル:J.O.
出身イギリス
翻訳言語日本語→英語
得意分野機械金融IT環境、経済、ビジネス、土木、契約 他
略歴日本の企業で英語指導や翻訳業務を行った後、1992年よりフリーランスの翻訳者として活動。現在翻訳や品質管理作業に対応。
実績20年以上、様々な分野の翻訳に対応。特に機械や土木関連分野を得意として翻訳多数。

Topへ

英語とは

英語とはインド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に含まれ、ドイツ語、オランダ語などとともに西ゲルマン語に属する言語です。歴史的に様々な国の言語の影響を受けており、特にドイツ語、フランス語との類似性が見られます。現在使用されている英語の原型は、17世紀頃ロンドンの方言を元に完成されました。

英語はイギリスやアメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの他、80カ国以上の国で公用語として使用されている言語です。六大陸のいずれにおいても用いられており、国際連合(UN)および欧州連合(EU)の公用語となっています。現在の実質的世界標準語とも言える言語で、各国の外国語教育においても特に重視されています。

大きく分けるとイギリス英語・アメリカ英語・オーストラリア英語の3つに分けられますが、各地に様々な方言が見られます。日本の教育に用いられているのは主にアメリカ英語です。

日本語で表記される「英語」の「英」は、中国語に倣ったイギリスの漢字表記「英吉利」、もしくはイングランドの漢字表記「英格蘭」に由来しています。

英語翻訳とは

<言語系統>インド・ヨーロッパ語族 ゲルマン語派
<使用地域>イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、アイルランド、南アフリカ共和国、ニュージーランド、シンガポール、インド、フィリピンなど

英語の文字

「ラテン文字」を使用しています。
一部の外来語を除けば、ダイアクリティカルマークが無いため、26文字のアルファベットだけで表記されます。

英語の「こんにちは」
英語の「こんにちは」はHello

英語文法の特徴

英語の最大の特徴は、名詞に性がなく、その特徴的な屈折 (曲用および活用) 語尾が著しく退化している点です。

ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語等インド・ヨーロッパ語族に属している諸言語は、名詞・代名詞・冠詞・形容詞が、性・数・格に応じて曲用(名詞等が形を変えること)するのが一般的ですが、英語の名詞は(一部を除き)性を失っているほか、所有格を除く格も殆ど廃れて、本来は曲用が担っていた文法的な機能は、語順を固定化するなどの手法に変化しています。

また、他のインド・ヨーロッパ語族では、動詞がその法・態・相・時制・主語(の人称や数)などに応じて複雑に活用(動詞等が形を変えること)しますが、英語の動詞の活用形はかなり少なく、一番活用形が多いbeですら8種類( be, am, are, is, was, were, been, being) だけです。本来は動詞そのものが活用することで担われていた文法的な機能は、助動詞の多用などによって代替されています。

そして、このような屈折語尾の消失により、名詞や形容詞をそのまま動詞に用いたりすることができるようになりました(例:smoke(煙をたてる、タバコを吸う))。また、名詞を他の名詞の前に置いて形容詞的に用いることも(例:art school(美術学校))、名詞の複数形まで形容詞的に用いることができるのです(例:Boys Town(少年の町))。

日本人からすれば、名詞に性がないことのほうが、しっくりくるかもしれません。また、屈折による語尾変化がほとんどない英語は、他の言語に比べ簡単な言語であると思われがちです。しかし、英語は簡単な語形変化に対する代償として、「主語+述語動詞+目的語」の語順を固定しなければならなくなり、文構造は重層的で複雑なものとなってしまっているのです。

英語の方言とは?

多くの国や地域で話されている英語は、使う国や地域により様々な方言が存在します。
アメリカ英語はイギリス英語に比べて"r"が巻き舌になる、オーストラリアでは"a"を「アイ」と発音するなどが知られていますが、同じ国の内でも地方ごとに方言があります。
特に英語発祥の地であるイングランドには、多数の英語方言が存在します。地方によって"day"の発音が違うため、「I'll go to hospital today.(俺は今日、病院に行く予定だ)」が「I'll go to hospital to die.(俺は死ぬために病院に行く予定だ)」に聞こえてしまう、という話は、たびたび笑い話として持ち出されます。

Topへ

英語翻訳×動画

翻訳会社エヌ・エイ・アイの別事業であるバイリンガルサポートでは、翻訳と動画制作をセットにした「外国語動画制作サービス」をご提供しています。今やSNSで動画広告は当たり前です。店舗や商品の案内、イベント情報など、英語ナレーション/字幕付きの動画を、SNSやデジタルサイネージで紹介して、集客につなげてください。
また、来日する各国外国人のほとんどが英語は理解できますが、日本で一番困ったことは英語が通じないことだそうです。メニューの紹介、旅館での注意事項等にも外国語動画をお役立てください。また、海外営業時のプレゼンや、展示会ブースでの商品紹介、学会での英語プレゼンにも、動画は効果的です。

英語以外の言語にも対応していますので、お問合せください。「外国語動画制作サービス」の詳細はこちら。

NAIway(ナイウェイ)の英語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。