タイ語翻訳

翻訳会社ナイウェイのタイ語翻訳について、タイ語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayのタイ語翻訳

NAIwayのタイ語翻訳

タイ王国は、東南アジアで唯一植民地支配を受けなかったため、独自の文化や言語を持つ国です。タイにおける英語の普及率はあまり高くなく、年々増えているタイへのビジネス展開や、インバウンド対策にはタイ語の翻訳は不可欠です。

NAIway翻訳サービスでは、様々なタイ語の翻訳ニーズに合わせて、ビジネス、法律、機械、IT、エンターテイメント、食品、医療など、それぞれ専門分野に精通した経験豊富なネイティブ翻訳者が、わかりやすくて自然な、高品質のタイ語翻訳をご提供します。

また、NAIwayでは多言語の翻訳を承ります。タイ語と共に、英語、中国語など複数言語への翻訳を一度に承ります。お気軽にお問い合わせください。

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayでは、翻訳会社として翻訳の「品質管理」は最も重要な任務であると考え、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築し、品質管理を行っています。QASでは、翻訳者が翻訳を完了した後に、別の翻訳者が一字一句を入念にチェックし、訳文の正確性、文章の流れや用語の統一、表現のニュアンスなどを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

お気軽にお問合せください

タイ語の翻訳ニーズ

タイは親日国で、日本の製品はとても人気があります。また、日本企業が数多く進出しており生産工場もタイ各地にあるため、製品仕様書や商品カタログなどの他にも、作業マニュアルや就業規則などの社内文書の翻訳ニーズがあります。

インバウンドとしては、2013年には訪日旅行者に対するビザが免除されたことにより、タイからの観光客は急増し、ガイドマップやパンフレットなど観光の分野においてもタイ語の翻訳依頼は増えています。特に日本の漫画やアニメはタイでも非常に人気があり、頻繁にタイ語に翻訳されていますが、アニメイベントへの参加やキャラクターグッズを求めて日本にやってくる人達も倍増しており、そういった情報をタイ語で発信するニーズもあります。

タイの食に関する翻訳も多いです。トムヤムクンやガパオなどタイ料理は日本に定着し、たいへん人気です。タイからの輸入食材を販売する際に商品のラベルや説明文を日本語に翻訳する必要があります。逆に訪日客に対しては、タイ語のメニュー表を作ったり、無形文化遺産となった日本の食文化を紹介したり、と翻訳が必要とされる場面は様々です。

Topへ

タイ語翻訳のポイント

タイ語を日本で扱う場合、一番注意しなければならないのはタイ文字です。タイ文字は子音42字と母音9音を組み合せて表記し、その上下左右に各種記号が付加されます。この記号は大変重要な意味を持っているのですが、データとして扱う場合は注意が必要です。文字化けを起こしたり、記号の位置が変わってしまったり、消えてしまったり、と不具合が発生することがあるからです。
また、タイ語は単語の途中で改行すると、言葉の意味が通じなくなってしまいます。しかし、タイ語の表記は、英語等のように単語毎にスペースで区切りません。しかも、大文字・小文字の区別もないため、タイ語の知識がないと改行箇所さえわからないのです。
このように、タイ語の翻訳には、品質管理の際に、ネイティブによる記号と改行の最終チェックが必要不可欠となります。

Topへ

タイ語翻訳料金

日本語→タイ語への翻訳
日本語からタイ語への翻訳
原文1文字あたり19円から
タイ語→日本語への翻訳
タイ語から日本語への翻訳
原文1文字あたり16円から
  • 他の言語も承っておりますのでお気軽にお問合せください。
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問合せください

Topへ

タイ語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

タイ語翻訳者
イニシャル:S.C.
出身タイ
翻訳言語日本語→タイ語
得意分野金融・IT・食品・バイオ・契約書・ビジネス
略歴2005年に大学卒業後、正社員として翻訳業に従事。日本語能力検定1級取得。
翻訳者からのコメント学生時代に日本に留学し、情報学を学んでいましたので、IT分野の翻訳には一番自信があります。
タイ語翻訳者
イニシャル:K.I.
出身タイ
翻訳言語日本語→タイ語、タイ語→日本語
得意分野金融・会計・食品・バイオ・機械・電気・政治
略歴母国タイの大学で日本語を学んだ。日本への留学経験があり、日本語能力検定1級取得。
翻訳者からのコメント幼少時代に見たTVアニメをきっかけに日本語と日本の文化に惹かれて、日本語を勉強し翻訳家を志しました。スピィーディーな対応をいたします。

Topへ

タイ語とは

タイ語はタイ王国の公用語で、狭義では中央方言 (中央タイ語) のことを指し、中央方言のなかでもバンコク地方の方言をベースにした標準タイ語が文章やメディアなど公的な場面で用いられます。広義では北タイ語や東北部で使用されているイーサーン語など、タイ国内で話されるタイ語系言語全てを指し、更にはラオス語やミャンマーのシャン語などタイ国外のタイ語系言語をも含んで呼ばれる場合もあります。

タイ語とラオス語は互いに方言関係にあり、非常に似ています。ラオス人の多くはタイ語の教育を受けていなくても、タイ語を話すことができます。しかし、タイ語とラオス語はそれぞれの国家の公用語であり、政治的には別言語と位置づけられています。

タイ語はサンスクリット語・パーリ語の影響が強く、借用語が多く使われています。また、英語・クメール語・ミャンマー語・中国語・マレー語・日本語等からの借用語も多く、外来語はタイ語の語彙の3分の2を占めるとも言われます。

タイ語翻訳とは

<言語系統>タイ・カダイ語族 カム・タイ語派
<使用地域>タイ王国 (中央方言、北タイ語、南タイ語、イーサーン語)、ラオス (ラオス語)、ミャンマーのシャン族自治州 (シャン語)、中国南部、ベトナム一部地域など

タイ語の文字

「タイ文字」を使用しています。「タイ文字」は42の子音と9音の母音を組み合わせる表音文字です。

タイ語の「こんにちは」

タイ文字

タイ語の特徴

一般的にタイ語は難しいと言われますが、その訳は難解な声調と複雑なタイ文字にあります。
タイ語は声調言語の1つであり、発声の高低によって5つの声調があります。これを間違えると意味がまったく変わってしまうことがあるため、タイ語を聞くときには注意が必要です。
また、タイ文字は子音、母音、声調記号という3つの要素からなり、タイ人でさえ習得するためにかなりの時間を要するそうです。そして、タイ語の表記は、英語等とは異なり、単語をスペースで区切りません。また、大文字・小文字の区別もありません。
しかし、文法はとてもシンプルで、英語の「I,my,me,mine」のような代名詞の変化がなく、動詞も過去形や未来形などの活用がありません。単語を並べただけでも比較的伝わりやすいのです。

タイ語には、日本人の男性が「僕」、女性が「私」と分けるのと同様に、男性・女性の言い方があります。男性なら、ผม(ポム pom)、女性なら、ดิฉัน(ディチャン dichan)です。そして、タイ語にも「です」、「ます」のような丁寧語があり、男性と女性で言い方が異なるので注意が必要です。基本的には文末に、女性はค่ะ(カー ka)、男性はครับ(カップ、またはクラップ krab)をつけます。
・女性のあいさつ:サワッディーカー
・男性のあいさつ:サワッディークラッ(プ)

Topへ

タイ語翻訳×動画

NAIwayの別事業であるNAIバイリンガルサポートでは、動画やスライドにタイ語の翻訳文のナレーションや字幕をつける「外国語動画制作サービス」をご提供しています。店舗の案内やメニュー表、旅館の紹介、イベントの情報や注意事項など、タイ語のナレーション/字幕付きの動画を、SNSやデジタルサイネージで流して、集客につなげてください。
また、海外営業、展示会などでのビジネスツール・コミュニケーションツールとしても活用していただけます。

タイ語以外の言語にも対応しています。バイリンガルサポートまで、お気軽にお問合せください。

NAIway(ナイウェイ)のタイ語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。