インドネシア語翻訳

翻訳会社ナイウェイのインドネシア語翻訳について、インドネシア語の翻訳料金・翻訳者のご紹介など

NAIwayのインドネシア語翻訳

NAIwayのインドネシア語翻訳

インドネシアには、世界有数のリゾート地であるバリ島を始め、文化遺産や自然遺産があり、世界中から観光客が訪れます。人口自体も多く経済的に成長が見込まれるため、インドネシアでのビジネスは注目されています。すでに大手から中小まで幅広い業種の日系企業が進出していますが、海外ビジネスには明確な翻訳が不可欠です。NAIway翻訳サービスでは、各専門分野の実務経験豊富なネイティブ翻訳者が、様々なビジネス文書、契約書類等から、業務マニュアル、商品カタログ、ホームページまで、高品質な翻訳をご提供します。

また、インドネシアからの訪日客も増加する一方で、インバウンド対策も様々な形で行われています。訪日インドネシア人専用の日本情報サイトもいくつか開設されています。近年の訪日インドネシア人の目的は、インドネシアにはない桜や紅葉、雪景色といった「日本の四季を感じたい」ということだそうです。そういった傾向のなか、訪日旅行者が不便を感じているのは、やはり「言葉が通じないこと」です。言葉がわからないことから、移動の不安、食事の不安、買い物の不安など、様々な不満を感じているようです。
NAIwayは、観光ガイドやアクセスマップ、宿泊施設や交通機関の情報、伝統行事や体験イベントの案内、注意事項の表示、和食の説明やメニュー表、ムスリムへの食事の配慮など、わかりやすい自然な翻訳で「おもてなし」のお手伝いをいたします。

NAIwayでは多言語翻訳に対応しています。インドネシア語とともに、英語、中国語、タガログ語、タイ語等、複数言語への翻訳をまとめて承ります。インバウンド対策をお考えでしたら、ぜひ一度ご相談ください。

NAIwayの品質管理システム (QAS:Quality Assurance System)

NAIwayでは、翻訳会社として翻訳の「品質管理」は最も重要な任務であると考えています。そこで、独自の品質管理システムQAS (Quality Assurance System) を構築し、徹底した品質管理に努めています。
良質なインドネシア語翻訳をご提供するため、翻訳者が翻訳を完了した後に、別の翻訳者・校正者が一字一句を入念にチェックします。 訳文の正確性、文章の流れや用語の統一、表現のニュアンスなどを精査し、お客様のニーズに合わせた質の高い翻訳に仕上げます。

お気軽にお問合せください

Topへ

インドネシア語翻訳料金

日本語→インドネシア語への翻訳
日本語からインドネシア語への翻訳
原文1文字あたり11.5円から
インドネシア語→日本語への翻訳
インドネシア語から日本語への翻訳
原文1文字あたり11.5円から
  • 他の言語も承っておりますのでお気軽にお問合せください。
  • 金額は一般的な内容を翻訳する場合の目安となる料金です。
  • 単価は翻訳原稿の内容・分量を元に決定させていただきますので、可能であればお見積の際に原稿をご送付ください。
  • 分量が少ない場合にはミニマムチャージをいただく場合がございますのでご了承ください。

お気軽にお問合せください

Topへ

インドネシア語翻訳者のご紹介

NAIwayに在籍・登録している翻訳者の中から一部の方をご紹介します。

インドネシア語翻訳者
イニシャル:M.S.
出身インドネシア
翻訳言語日本語→インドネシア語、インドネシア語→日本語、日本語→マレー語マレー語→日本語
得意分野機械・マーケティング・特許・科学・コンピューター・ビジネス
略歴インドネシア大学でコンピューター科学を専攻し、その後日本に留学。東京大学・大学院で化学生命工学を学ぶ。2002年から翻訳兼通訳家として活動。
実績大小合わせておおよそ年間100件
翻訳者からのコメント正確な訳を第一にモットーとしております。 翻訳経験は10年以上になりますので、基本的にどのような分野の案件でもお引き受けいたします。また、フリーで活動しておりますため、納品後の確認もスムーズに対応いたします。
インドネシア語翻訳者
イニシャル:A.C.
出身インドネシア
翻訳言語日本語→インドネシア語、英語→インドネシア語
得意分野技術・IT・経済・金融・法務・行政
略歴テレビ会議の議事録、機械の取り扱い説明書、機械・設備手順書、作業手順書等の翻訳。日本市場学会学会誌に論文掲載。
翻訳者からのコメント1997年1月から翻訳業務をしてきました。技術系の仕事をしていましたので、技術・機械の翻訳には特に自信を持ってやらせていただいております。

Topへ

インドネシア語とは

インドネシア共和国の国語であるインドネシア語は、もともとマレー半島とスマトラ島 (インドネシア) を隔てるマラッカ海峡周辺で、海上交易のために使われていた交易語であったマレー語の一方言がベースとなっています。

オランダの植民地時代に民族の統一言語「インドネシア語」として確立されていき、日本による支配を経て、1945年の独立宣言時にインドネシア語が正式に国語に制定されました。

起源が同じであるマレー語 (マレーシア語) とはとてもよく似ていてコミュニケーションは可能ですが、単語のスペルや意味が微妙に違ったり、スペルは同じでも全く別の意味になることもあるので注意が必要です。また、タガログ語 (フィリピン語) とも類似点が多い言語です。

インドネシア語翻訳とは

<言語系統>オーストロアジア語族 マレー・ポリネシア語派
<使用地域>中国、台湾、シンガポール、インドネシア、マレーシアなど

インドネシア語の文字

「ラテン文字」を使用しています。

インドネシア語の「こんにちは」

インドネシア語の「こんにちは」はSelamat siang

インドネシア語の文法

インドネシア語は、単数形・複数形や女性形・男性形の区別、時制変化、格変化などの語形変化が無いため、学びやすい言語と言われています。語順は英語と同じく、「主語+動詞+目的語」であり、文字の読み方は基本的にはローマ字読みで問題ありません。
また、単数形・複数形や女性形・男性形の区別、時制変化などの語形変化はありません。マレー語とは兄弟言語と言われるほどよく似ていて、「警察」はインドネシア語では「polisi」、マレー語では「polis」です。その他、似ている単語が多いため、翻訳の際はスペルに気をつける必要があります。

Topへ

インドネシア語翻訳×動画

NAIwayの別事業であるNAIバイリンガルサポートでは、インドネシア語の字幕/ナレーション付の動画を制作いたします。インバウンド対策として、料理メニューや店舗の紹介、宿泊施設の案内やイベントの注意事項などを動画にして、集客にお役立てください。バイリンガルサポートの「外国語動画制作サービス」はこちら

また、外国人技能実習生や外国人従業員の方のためのオリジナル教育ビデオ『動画でOJT』の制作も承っています。『動画でOJT』の詳細はこちら

NAIway(ナイウェイ)のインドネシア語翻訳のページです。翻訳会社・翻訳サービスのNAIwayでは、ビジネス・法律・医療など専門性の高い翻訳を、実務経験豊富なネイティブスタッフがスピーディにご提供いたします。英語・中国語・韓国語など30カ国以上の多言語翻訳対応が可能です。